第1回は「がん」の実態、とりわけ「40代とがん」にまつわる基本データを中心に知ることからはじめよう。

女優の野際陽子さんが肺せんがんで亡くなった。まだ年若いながら乳がんになった小林麻央さんなど、著名人と「がん」にまつわるニュースは少なくない。40代とがん」にまつわる基本データはこちら40代ともなると、自分の身の回りでも「がん」の病名を耳にすることが増えてくるだろう。

親より先に病死する人もいますね。まさに他人事では無い、ですね・・
大切な人の為、自分を大切にする為にも検査は行った方が良いとは思います。誰でも「自分に関係ない」と思いたいものですが現実はそうでもなかったり。でも検査には時間もお金もかかる、病気と分かってもお金がかかる。4人に1人じゃないだろ?貧乏人は必ず病死する時代だろ?上等!俺も、もう40代、次は我が身と感じてる今の世の中、犯罪、自殺、全てにおいて低年齢化がんと診断されている事をお忘れなく。カモですよ。
40歳だけど、親より先にガン見つかって手術と治療やってもうすぐ退院だわ。早期発見の為の検査は絶対やっておくべきだな。親が長生きしても自分が早死にすると悲しいなあ。医学の進歩やなガン治療で死亡する時代が正解。特定健診なども、すべてグル。
癌が増えたもあるが平均寿命が延びた事も要因、50~60拾年で男女共15歳は長生きになった、以前は脳・心臓の梗塞が多かったですが医学と生活環境の進歩で減り、俗に言う寿命に病名つけるなら癌が多いだけだと思いますよ。