―飯塚投手は本当に素晴らしいピッチングをしましたね。

 横浜DeNAが6月19日、セ・パ交流戦の対オリックス3回戦に4対7で逆転負けを喫した。アレックス・ラミレス監督(42)はプロ初登板初先発の飯塚悟史投手(20)が5回を無失点に抑えたことについて「信じられないピッチングをしてくれた」と賞賛した。

ショートは倉本以外も使って競争させた方がいいでも今日の試合は落としたらダメだろ
にしてもラミレス監督宣言通り5割で終わったんだよなあ。ずっと負け越すだろうと思ってたからホント今年の交流戦は良くやったと思うよ。飯塚の初勝利のかかった4点のリードをあっという間に吐き出すパットンと三上。またパットンの足を激しく引っ張り、打撃でも良い点がない倉本。パットンは仕方ないとしても、三上と倉本は酷すぎ!
飯塚ナイスピッチングでした。そして、三上が信じられないくらいよく打たれた。横浜ファンじゃないので監督として優秀かは分からんけど,上司としては有能な人だと思うわ信じられないのはアンタの倉本固定起用だよ!
飯塚、ナイスピッチング!新潟出身のプロ野球選手、応援してます!次も頑張って!ラミレス監督が倉本の何に期待しているのかが全く理解できない。本当に惜しかった。けど、ベイスターズも生え抜きが育ってきているね!エースと四番が復活すればさらに上へ!